B1取得への道

「DELE B1 試験の構造と内容」をお渡ししましたが、語彙力や文法力を身につけるにあたり、何を勉強する必要があるのか?をまとめておきます。

言語能力レベル・全体的な尺度 B1

■明快でスタンダードなスペイン語が使われ、仕事や学校やレジャーなどにおける身近な事柄が話題になっていれば、要点を理解できる。

■スペイン語圏を旅行中に出会う大半の状況において、何とか一人で切り抜けることができる。

■身近な話題や興味ある分野で、筋の通った簡単なスピーチをすることができる。出来事や経験、夢を語ることができ、希望や目標を描写でき、計画やアイデアの理由や説明を簡単に述べることができる。

DELE 試験の出題範囲:

広告、掲示板、エピソード、旅行ガイド、体験談、ニュース、日記、伝記、求人情報、カタログ、説明書、簡単なレシピ、アドバイス、物語、基本の形式的な手紙、コマーシャル、スピーチ、メール、ブログ、SNSのフィード、レビュー、作文、レポートなど


そして、この分野において:

読む

辞書を使わず文脈から意味を推論する能力があること

聞く

  • 学習者のために特別に用意されたスペイン語でなくても聞きとれること
  • (ラジオ等)一般大衆に向けられたメッセージの「要点」を理解する力があること

話す

書く


B1では専門的なことが出てこないとはいえ、あらゆる分野のスペイン語に触れて語彙を増やしていく必要があります。動詞の活用を覚えることに集中してしまいがちですが、日ごろから、上記に上げた様々な分野に触れるように意識して勉強していきたいですね。がんばりましょう!


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*